Loading
読み込み中...

MENU

ハイエンドスマホ部門

岡本善隆(ASCII.jp副編集長)

部門総評
岡本善隆(ASCII.jp副編集長)

 国内では台数的にミドルクラスが伸びた2019年だが、ハイエンドスマホも性能や機能の強化が進み、魅力的な製品が多数登場した。共通して強化されたのはやはりカメラ。メインのカメラとは別に、16〜18mm相当の画角を持つ超広角カメラの搭載が昨年後半からトレンドとなり、iPhone 11シリーズでも採用されたことで完全に定着した。ハイエンドスマホの場合は、さらに望遠カメラなどとの組み合わせによる多眼化が進んだほか、センサー自体の大型化なども目立っている。一方で「折りたたみ型スマホ」という新たなトレンドの芽も出始めた。現状ではまだまだ高価だが、2020年以降、折りたためるという要素をどう活用されるか、「スマホ=板状」という10年以上続いてきた常識がついに崩れるのか注目したい。

GOLD

金賞
アップル
iPhone 11 Pro/Pro Max

iPhone 11 Pro/Pro Max

受賞ポイント

カメラやCPUなど、今年も確実な進化でiPhoneユーザーの期待に応えた

審査員コメント

 1年ごとに着実に進化を続けているiPhoneだが、今年はカメラが大きく進化。超広角カメラというトレンドを単に取り込むだけでなく、標準の画角で撮影した際にも、超広角側の撮影データも自動で残し、画像編集時に利用できるなど、使い勝手面でもiPhoneらしさを見せた。また、Deep Fusionによる画像処理システムも強力で、画質面でもハイエンドスマホとして申し分のない性能を持っている。総合的に見ても例年以上の大きな進化が見られ、iPhoneファンを中心にした大きな支持はもちろん、編集部としても金賞にふさわしい製品であると判断した。

SILVER

銀賞
ソニーモバイル
Xperia 1

Xperia 1

受賞ポイント

21:9の新たなスタイルの採用やプロ向けを意識した機能の数々に対し

審査員コメント

 型番を一新するとともに、21:9という他社の追従ではない新たなスタイルを確立した、新時代のXperiaと呼ぶにふさわしい製品に仕上がっている。どちらかと言えば、独自路線という印象が強い従来のXperiaシリーズに対し、他社でも採用されているトレンドも盛り込みつつ、4K HDR対応の有機ELディスプレーに、映画撮影のプロフェッショナルが画作りや操作画面を監修した動画撮影機能「Cinema Pro」、スマホでは初となる瞳AFなど、ソニーらしさにあふれる機能も多数。秋に登場したコンパクトモデルの「Xperia 5」も含めて、バランスのいい製品に仕上がっている。

BRONZE

銅賞
ファーウェイ
HUAWEI P30 Pro

HUAWEI P30 Pro

受賞ポイント

有無を言わせない圧倒的なカメラ性能

審査員コメント

 カメラの性能については常にリードしているという評価があるファーウェイだが、今年登場の本機も期待を裏切らない内容だったと言える。1/1.7型の大型センサーはRYYBという新たな構成となっており、暗所での圧倒的な強さを実現。望遠側でも光学5倍+ハイブリッドズームにより、高画質な10倍ズームを可能にした。同社を取り巻く状況から、発売が9月に遅れるなどマイナス面もあったが、今後の製品を含めて、ハイエンドスマホの領域でファーウェイ製品の動向はチェックを外すことはできない。

特別賞

特別賞
サムスン電子
Galaxy Fold

Galaxy Fold

受賞ポイント

折りたたみ型スマホという新領域への期待を込めて

審査員コメント

 24万円という価格もあり、実際に購入するという意味では躊躇が生じる本機だが、折りたたみ型スマホという新たなジャンルの誕生の瞬間を見ておきたい層にとって、見逃すことは決してできなかった製品だろう。とは言え、実用性も非常に高く、7型クラスのタブレット端末が、折りたたむことでポケットに収まるという事実にはあらためて衝撃だ。今後の折りたたみ型スマホが、本機のようなタブレットに近いサイズが主流となるのか、異なるスタイルの端末が登場するのか、未来の姿はまだ見えてこないが、いずれにしてもスタート地点として、今後も語り継がれる製品であることは間違いない。

TOPへ